さまざまな種類があるいぼ|治療を受ける前に特徴を知っておこう

いぼの悩み美容整形で解決しました

知ってるようで知らない

レディ

患部に隠された医師の基準

スキンタッグの名前で一気に認知度が広がったいぼは、患部の規模によって治療方法が事なり、それぞれ留意点があります。例えばいぼ発生から数日で規模も大きくない時は、細胞の壊死を狙うために患部を縛り上げ、自然落下を待つ方法があります。ただしこの方法を使用するためには医師が患部の診察を行い、施術方法の選択をしなければならないので、必ず病院にいきましょう。また縛り上げるのが難しい場合は、病院にあるいぼ治療専用のハサミを使い直接除去する方法が使用の検討対象に挙がります。ただしスキンタッグタイプに最適な方法なので、医師の元で自分のいぼがどのタイプなのかを把握してもらい、施術を受診してください。加えてハサミによる施術は、麻酔を使用しない施術を施す医師が多いため、痛覚が鋭い方は事前に医師にその事を伝えて処置方法を決めてください。これら二つの方法でも処置できないと判断された時には、液体窒素で患部の治療を行う事例が頻繁に使用されます。この施術も同じくスキンタッグタイプのいぼに適しているので、医師の元で処置方法の選択をしてもらいましょう。液体窒素は他の施術よりも特に事前診察が重要で、いぼの規模が小さくとも深度が深いと他の治療方法が最適な症例があるため、入念な確認が必要になります。以上の三つの治療方法ですが、これらは全て治療費に健康保険が適用できるため、受診費用を節約できるメリットがあります。なので事前説明で医師から健康保険適用の説明をしてもらえる病院で受診してください。特に液体窒素は数回に分けて治療を行う症例が多く、健康保険がないと費用も大きく違うので、必ず受診する病院を吟味した上で医師に相談しましょう。健康保険適用の施術では処置できないと医師に言われた時は、レーザー治療でいぼを除去していきます。多くの病院で使われているのは炭酸ガスレーザーの機材で、深度の深いいぼへの使用ならば麻酔を施す施術事例もあります。注意点としては顔やデコルテといった目立つ場所へ使用を検討してもらい、術痕の残りにくいメリット生かすようにしてください。また原則的に炭酸ガスレーザーは深度の深いいぼへの処置は得意ですが、大きさのあるいぼは医療メスが最適な施術になります。ただし医療メスは除去痕を縫い合わせるため、術痕が消えるまでに時間がかかる点を留意した上で施術を受診しましょう。最後に医療メスの施術は一部保険適用を受けられる場合があるため、他の保険適用施術で対応できなかった場合は医療メスの使用を検討範囲に挙がります。